FXで勝つためには、相場の値動きを予測することが必要

FXで勝つためには、相場の値動きを予測することが必要です。

その手段として「テクニカル分析」が用いられます。

テクニカル分析は、チャートとよばれる色々な種類のグラフや、過去の数値をもとに 現在の相場状況を判断する投資手法です。

相場の値動きを決める要素は様々なものがありますが、経済指標や様々なニュースなどレートを左右させる全ての事柄が、チャートで示される過去の数値に含まれている、という考えに基づいて分析をするのが、テクニカル分析です。

「過去の相場の値動き」を分析することで、未来予測をする、という考えなのですが「未来のこと」は完璧にはわかりません。

テクニカル分析の結果は、7割は当たるという程度で考えておき、残りの3割は自分で判断できるようになることが、大事です。

また、ファンダメンタル分析の要素を取り入れることも、相場の値動きの判断には重要です。

テクニカル分析を行う上で重要なことは、自分のトレード期間に合った分析方法を選ぶことです。

たとえば、同じ「ローソク足」でも、5分足から、日足、月足まで、様々な期間を設定できますので、自分に必要な設定をすることが大事です。

また、相場が過去とは違う動きをした場合には、テクニカル分析だけに頼っていると、大幅に予想が外れることもあります。




------------PR-----------

⇒ FX無料講座 興味のある講座で勉強してみよう。

■ダイジェスト版動画  ↓ 約30分の動画が視聴できます。↓